Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内音楽、デスチャの巻+髪を切った話

帰りの電車の同じ車両の中で、neonを2台見かけた。
1台はshiro、1台はmizuiro.
ああ、「人とおんなじ」が嫌な私としてはあまりうれしくない事態。
まあ、人気?機種だから仕方ないか。(^_^;)

乗車中は頭の中でずっとデスチャの曲が流れてた。

Through with Love

この曲好きです。

今日は髪を切りました。
私の髪は量が多くて、硬くて黒い。三重苦?
おまけに母の影響かサイドに少しクセがある。(母は天パで父は直毛)

某サイトのカットモデル写真を持っていったが、ボディパーマをかけずとも、クセを生かしてカットできそう、とのこと。

そりゃあ、パーマをかけないほうが髪は傷まないし、コスト減にも繋がる。こちらとしてもウェルカムですよ。(笑)

「最近マイナーチェンジばかりしている」と友人に言われ、自分でもそのとおりだと思っていたのだけれど、これで少しはイメージ変わったかな。
スポンサーサイト

残金150円のハイカ

今日郵便局で、ハイウェイカードの残数の払い戻しを受けるための専用封筒を見つけた。

そそそ、ハイカって使えなくなったんだよね。
でも、どこに行って払い戻しの手続きすればいいのかわからなかったんだよ。
こりゃいいや。
と1枚封筒を持ち帰り、

帰宅後、引き出しの中を探ったら。

ありましたが、たったの150円でした。
何円返ってくるんでしょう。(^_^;)

他になかったかな・・・使いかけのハイカ。

トリプルトールアメリカーノ+

先日のセミナーのとき、コーヒーマスターさんオススメのカスタマイズを教わった。

聞くと試してみたくなるのが人情ってモンでしょう。
バウムクーヘンとアイスアメリカーノ・・・
さて、ID(オーダーのサイン)読めますでしょうか。
よーく目を凝らすとかすかに見えます。

うまーい。これはいけます。
シロップの味がきちんとしつつ、コーヒーの味もしっかり味わえます。

じゅるじゅる。ずずっ。
アイストリプルトールアメリカーノwithヘーゼルナッツシロップ
はい。
正解はアイストリプルトールヘーゼルナッツアメリカーノ、でした。
(コールはこの順番かどうか、は定かではありません)

私の夏の定番、アイスアメリカーノに新しい楽しみが増えました。

チキンのトマト煮、赤→白

チキンのトマト煮、元は「チキンの赤ワイン煮」というレシピでした。
以前も作ったことがあります。

赤ワインを白ワインに変えたけど、色がトマト色なので、名前も臨機応変に変えてみたという次第。
じゃがいももなかったので大根にシフトして、彩りにいんげんも入れてみました。

じつは、送料無料につられてデイリーワイン5本セットを買って、一本開けてみたら・・・
あまりおいしくなかったのよ。
発送日が一日送れて、到着指定日に届かなかったうえに、この味かよ。

まあ、そういう時は料理に使うに限ります。
幸い甘口ではなかったので、(甘口を使うと料理が甘くなりすぎるのでダメなのです)飲み残しをどーんと使いました。
チキンのトマト煮ほか
チキンのトマト煮、きなこはちみつヨーグルト、小松菜と油揚げと小女子のいため煮、トースト、大根とキュウリの酢の物。

統一感がないのは、母が途中で帰ってきてバトンタッチしたからであります。

簡単トマトソース焼き玉ねぎのせパスタ

今日は母不在のため、昼と夜は私がご飯当番。

昼はスパゲティにしました。
先週おそばだったし。
いつもどおり、落合さんのパスタの基本」をみて、、アレンジ。(^_^;)

「玉ねぎ入り釜揚げスパ」と「かんたんすぎるトマトソース」ミーツ
「簡単トマトソースの焼き玉ねぎのせ」

朝の残りのなめこ汁とともに頂きました。(和伊折衷?)
焼き玉ねぎのせトマトソース
あえて焦げ目をつけて焼いた玉ねぎの甘みがすごいことになってます。
トマトソースは、ホールトマトの缶詰を手で潰して塩とオリーブオイルを入れて煮詰めるだけ。

レシピでは3~4分となっているけれど、私は缶詰についてるトマトがもったいなくて(貧乏臭くてすいません(^_^;))、水ですすいでそれも入れているのでその分煮詰めるのに時間が余計にかかります。

夕飯は残ったトマトソースと、残った玉ねぎを使い切るよう、鶏肉のトマトソース煮にしよう、と思っとります。

珍しく、食パンを作る

珍しく、何も入れないごくごく普通の食パンを作った。
真っ白だー。(笑)
食パン
小麦の味とバターの香りがします。

コーヒーセミナー、2杯目

ということで、先日の初級編につづいて、中級編に参加してきました。

今回は、えーっと、、(ごそごそプリントを取り出す)
コーヒーの表現(香りとコクの体験)
コーヒーを淹れる際の4つの基本のうち、挽きたての魅力と挽き具合の確認
フードペアリングについて

の4つの項目でした。

挽きたてのコーヒーと挽いてから日数の経ったコーヒーを比べてみたりしたのですが、後者の味気なさといったら。
でも、普段だってお店で挽いてもらっているのだから、日数が経てばそれだけ風味も落ちてるんだよなあ。

何段階か(13だったかな)に分かれている挽き具合のうち粗め~細かいものまで4つを皿に盛って出されたのですが、実際に触るとエスプレッソ用の細かいこと!

などと感心しつつも、粉を皿からつまんで指でこすりあわせる動作を繰り返していると
なんだか、お焼香しているみたいな気分に。(^_^;)

ペアリングで、同じような風味のフードをあわせるといい、みたいな話をしていたのだが、「チーズケーキのような濃い味のものに濃いコーヒー」は、ちと賛同しかねるわあ。

濃厚+濃厚だと、途中で飽きるんだよね。
足し算には相乗効果があるかもしれないけど、足し引きをしたバランスの良さってのもあると思うんだ。
チーズケーキが濃厚なら、私はダージリンティーのセカンドあたりをペアリングしたいぞ。(^_^;)

まあ、そんなこんな(ってどんな??)でしたが、2時間あっというまでした。
来月はいよいよ上級編でっせ~~。
お知らせボード
一般のお客さんへのお断りを書いたボード。

セミナー終了後はレピシエ。。じゃなくって、ルピシアでお気に入りの紅茶「サクランボ」を買って帰りました。

追記を表示

アイテムは違えど

私が通わせてもらってるるりんこさんのブログ(左下でリンクしてます)にこんな一文があった。

>どんなに良い本と言われるものでも、趣味が合わなければ苦痛以外のなにものでもない。

るりんこさんのこの言葉にそのとおりよっ!と共感したのですが、
それで思い出したことがありました。

最近、電車の中で、あるいはカフェ(ま、はっきり言うとスタバですが)で、携帯の着うた(たぶん)を鳴らしっぱなしで聴いてる高校生(たぶん)たちを目にすることが複数回あった。

仲間であれば、音楽のシュミも合うかもしれない。
ダウンロードした曲を一緒に聴きたい、共有したいという気持ちも分からなくはない。

が、一応、どっちも不特定多数の人がいる公共の場ですよ。

自分の好きな曲=世界中の人が好きな曲、ということはまずありえない。
そして、特に電車といういわば一種の逃れられない閉鎖的な場所で自分の好みでない曲を聴かされるということはそれこそ
「苦痛以外のなにものでもない」のだ。

で、その行為は、迷惑オヤジが乗り物の中でラジオの野球中継を大きな音で周りに聴こえるように流して聴いてるってのと構図的に似てるような気がする。

アイテムが違うだけでやってることはあまり変わらないように見える今日この頃、なのであった。

ときどき脳内音楽、県民の歌

日曜あたりから、ときどき「茨城県民の歌」が頭の中をぐるぐるしている。

どうやら金曜に飲んだときにつくば周辺の話題が出たせい、らしい。

私、昔茨城県に住んでおりまして、今でも1番だけなら歌えます。

そーらにーはーつーくーばー しーろーいくもー
 (空には筑波 白い雲)
のーにはみーどーりいをーうーつーすみずー
 (野には緑を映す水)

出だしのこの歌詞が結構いいな、
と思うのは元県民ゆえの身びいきだろうか。(^_^;)

日本語吹替版テーマソングって

必要なのかな。

あ、GOAL!という映画に、オアシスが楽曲を3曲提供していて、うち1曲が新曲なんです。

イギリスで労働者階級が成功する(=金持ちになる)には、サッカー選手になるかロック歌手になるしかない。
と俗にいわれている、とどこかで聞いた記憶があるんですが、

まさにその一方が一方をテーマにしたような映画に楽曲を提供してるわけだな。

で、日本語吹き替え版にw-inds.がテーマソングを提供しているそうでして、そう、CMで予告のバックに流れているのはたぶん、そっちなんだと思う。

この映画に限らず、日本語版に日本の楽曲を提供することは、必要なのかなって前から思っていた。

今回で言うと、オアシスは海外アーティストとして、日本でさほど知名度が低いわけでもないし、
しかも提供しているのは、ビートルズの記録を破ってギネスにも乗ったアルバムの、シングルカットされたモーニンググローリーだよ?

配給会社の意図がよく分かりません。
まあ、あってもなくてもきっと劇場に観にいくことはないだろうからいいんだけどさ。
(なら文句言うな、といわれそうだ)

うーむ。オアシスの曲、シングルカットされないんだったら、オリジナルサントラを入手せねばならないだろうか。

追記を表示

ひさびさ、ミッシュブロート

先週は旅をするので、パン作りをオヤスミしていました。

すごく久しぶりに作るような感覚。(^_^;)

さて、何を作ろう?と考え、
リーンな油脂を含まないパンを食べたかったので、ミッシュブロートにしました。

素朴な味わいです。
ミッシュブロート

1年ぶりのモンブランのモンブラン

楽天店でもおなじみ、モンブランKOBEの「モンブランのモンブラン」

去年のデパ催に初登場したとき、喜び勇んで出かけたわけですが、
今年も出店していました。(やったー!)

モンブランの種類は去年より減っていましたが、
モンブランのモンブランがあれば、満足ですよ。
モンブランKOBEのモンブランのモンブラン

今日は帰りにクリーニングを引き取らなければならなかったので、多くのものは買えず、モンブランのみ、にしたのですが、
会期中にあと1回は来たいです。

このところ、楽天ではエコール・クリオロにはまってしまっていてあまり利用していないのだけれど、ここのブリーチーズのチーズケーキや、チーズグラタンはおいしいですよ。


ああ、このバナーと私のケイタイの画像、美しさがまるで違うわ。(苦笑)

5/20訂正
私が行ったときには、モンブランのモンブランしかなかったけれど、実際には「黒豆のモンブラン」などもあったようです。

ちぇっ。(^_^;

女ゴコロをくすぐる えび♪

とあるビルの1周年記念の企画で
女ゴコロをくすぐる「エビ食いだおれコース」
という期間限定のコースがあることを某地方新聞夕刊で知りました。

エビ。好きだー。
私、甲殻類(エビ、カニ)に目が無いんですう。(^_^;

4人以上、翌日までの要予約
という条件があることを聞き、早速メンバーを募って行ってきました。
そういう行動力は、アリます。

料理は7品
フカヒレと甘エビの茶碗蒸し
エビのヤムウンセン(春雨サラダ)
エビしゅうまい
芝えびと桜えびのチヂミ
超ビッグ エビのチリマヨソース
えびの塩あんかけ焼きそば
ライチとアロエのヨーグルト

うーん、えびづくしというからには最後もデザートでなくエビにして欲しかった。

とはいえ、料理は全般的においしかった。
えびのチリマヨはほんとにビッグでした。

飲み放題もアルコールの種類が豊富で、
ジンライムを頼んだらね、某チェーン店みたいなうすいヤツじゃなくってきっちりしたジンがでてきて、ジン好き(色んなもの好きだな、自分)としてはそれだけで高評価、でした。(笑)

あ。画像はありません。あしからず。

旅の思い出(マンホールとビール編)

最近のマンホールのデザインって地方色豊かなものがありますよね。
旅先で面白いと思ったそれを撮るのが好きだったりします。

そんな前振りをして、今回の旅先でのそれをご紹介。
湯河原のマンホールデザイン
桜がキレイです。
足だけ一緒に記念撮影。(^_^;

もひとつご紹介。
小田原のマンホールデザイン
小田原城は分かるんだけど、その右の輿に乗ってるお姫様?と担いでる(歩いてる?)人たちはナンなんだろう?
持ってたレジ袋が一緒に映っているのもまた一興。と思ってください。

ビールも旨かったのでオマケで載せときます。
箱根ビール
某有名蒲鉾メーカーのかまぼこ博物館近くにあるビアレストランの地ビール。
ええ、旅の恥はかきすて、とばかり、昼間っから一人で飲みましたけど、それが何か?
お土産にビールプリンとビール漬物を買いました。
ビール漬物、可もなく不可もなくといったところ。胡椒が入っていたりしてちょっとピクルス風かな。

このあと、親との待ち合わせ場所に向かう途中の上り坂で息切れして、失敗した、飲むんじゃなかった。と思いましたとさ。(^_^;

ウォレスとグルミットのおすすめ生活

この前観た映画以来、グルミット好きが再燃してしまいました。

W&G作品で唯一観ていない作品があったので、DVDを借りて観たのですが。

いやーー。もう、すっかりトリコです。
カワイイの何のって。

特に、眠れないウォレスのためにヒツジの着ぐるみをきて、飛ぶシーンがカワイイ。
ああもう、グルミットにはやられっぱなしです。

ショートストーリーが10作品納められたわずか40分くらいのものなのですが、ショートはショートなりにさくっと楽しめます。

そうそう。
ウォレスの声は、欽ちゃんの吹き替えしか聞いたことが無かったけれど、今回はじめて本当の(吹き替えでない)声を聞きました。

欽ちゃんの声に慣れていたせいか、最初こそ違和感のあったものの、時間が経つにつれて馴染んできた。まあ本家本元なのだから当たり前か。
ブリティッシュイングリッシュも同様。

ああ。グルミットが飼いたい。(^_^;)

付け足し。
・・・ていうか、買ってしまおうかしら。(笑)

サケカマのクリームパスタ

休日の昼は大抵麺類を食べる私。

今回は、昨日の晩御飯の残りの焼きサケ(カマの部分、脂が乗っててうまいっす)と同じく残ったアスパラに、しいたけと小松菜を加えてクリームパスタを作成。
クリームがなかったので、牛乳とスキムミルクを混ぜる。
最初はスキムミルク入れすぎ?と思ったが、煮詰めたらいい感じ。
でも、塩気が足りない。
スパゲティの茹で汁を足したが、もうちょっと塩気が欲しい。

そだ。QPの「あえるパスタ」のたらこがあったよ。

そんなこんなで出来た、サケカマのクリームパスタ(たらこ入り)です。
サケカマクリームパスタデザートつきだ。(笑)

ほぐしていれたサケは、クリームの中でかき混ぜたことによりさらに粉々に。(^_^;
でも、しいたけは弾力があり、塩気もたらこを入れたことで丁度よくなったので、ウマかったです。

追記を表示

ひしゃげたキャッチ

昼にトイレで鏡をみてふと気がついた。

ピアスが片方ないー!!

途端にいろんなことがアタマを駆け巡る。
どこで落としたんだろう、そういえばキャッチがゆるかった、
電車の中でイヤホンつけたから着脱時に外れたのかも
そしたらほぼ絶望的だよ、あんなちいさいものみつけるなんて
来る途中の道だったら?
uzuにまだ商品があるだろうか、
アシンメトリーの石(ピントルとアクアマリン、左右で石が違うのだ)のお気に入りなのにーーー。

もう、目を皿のようにして、あたりをきょろきょろしながら、席までもどった。
机の下にちょこんとあるのは。

ピアスだ!
よかったー。とりあえずこれさえあれば、なんとかなるよ。

そのちょっと先に金色のものが。
キャッチだー!
よかっ・・・た???
いや、よくない。
ひしゃげてるよーーー。

ああ、もう、がっくりです。凹み

仕方が無いので、買ったお店に行って、キャッチだけ買ってきました。

まあ、壊れたものはしょうがない。
ピアスがあっただけよかったと思うようにしよう。
ピアスとキャッチとキャッチ

追記を表示

イングリッシュローズと苺わらびもちロールケーキ

もうすぐ母の日。

ちょっと早いのだが、当日は旅に出るので、今日花を買ってきた。
去年は花とレイ・チャールズのCDだったけど、今年は・・・なーんも考えてなかったので、無難に花とケーキ。
安易でスマン、母よ。

花束はイングリッシュローズとトルコききょうとデルフィニウム。
ささやかな花束だけれど、イングリッシュローズの単価が高いのよ。(^_^;
1本735円。
でも、お店でこの花を見たら、どうしてもこれを入れたくなってしまってねえ。
花の中に花が咲いてるようできれいじゃない?それに柔らかな色も素敵。
English Rose

ケーキは、エコール・クリオロのもの。
ロールケーキの中の苺とフランボワーズのわらびもちが美味しい。
クリームにもバニラビーンズが入っていて、ときどき口のなかでぷちっとする食感も楽しいし、スポンジもふんわりしっとりでウマイです。
苺のワラビもちロールケーキ
母も「美味しい」と言っていました。特にわらびもちの部分が美味しかったそう。
気に入ってもらえてよかったよかった。

あ、えーと、このほかにも送料無料にするためと言い訳をして、
チーズケーキと焼き菓子セットを購入してしまいました。(^_^;)

お気に入りのお店、エコール・クリオロはここです。
チョコが特にオススメです。

追記を表示

テディベアフェス

プロフィールにクマの画像を使っていることから察しがつくかもしれませんが、私はクマ好きです。

別の用があって行ったデパートでたまたま目に入った
「テディベアフェスティバル」

ここで目にしたのも何かの縁。
クマ好きとして行かないわけにはいかないでしょう。

会場に人が全然いなくて、がらんとした印象。規模が小さめ。
そして皆値札付きだよ。(^_^;)
なんとなく予感はしていたんだけどやはり販売も兼ねているんだね。

それでもガラスケースや棚に並べられている大小色んな表情のクマを見ていると和みます。
和みまくりです。

可愛いものをみたとき、おいしいものを食べたときなどに「ヤバイ」と言う言葉を使うことが「使い方としていかがなものか」と物議を醸してますが、
今回ばかりは「ヤバイ」です。
心の中で「ヤバイ」と「カ・ワ・イ・イー」連発です。
たぶん、ときどきアタマの中身が漏れてた=声も出ていたと思います。(^_^;)

おっきなテディが4・5頭いて思わずさわさわしてしまってからふとみたら、「お手を触れないでください」の張り紙が。
ああ、すいません。クマにムチュウーで気が付きませんでした。

そんなクマ好きのお宝テディを紹介して今日は終わりにしたいと、思います。
お宝シュタイフテディ可愛かろう?

ショット追加のバナナクリームフラペチーノ

そそそ。昨日スタバでショートバナナクリームフラペチーノにショットを追加してみました。

前にどこかのサイトでみて知ってはいたんだけど、メニューからショートサイズが消えている。
うーむ、高く売りつけようとする戦略か?(^_^;

一応パートナーさんに確認。
メニューには載っていないけれど、商品自体はあるそうです。

先日のテイスティングパーティで、ミニミニバナナクリームフラペは試したので、今回はアレンジしてみた。

コーヒーのほろ苦さが加わって私的にはアリな味です。

あ、今回は画像はナシです。

今日のつぶやき。
今年はストロベリーフラペがなくて・・・残念。

Are you strong enough to be my man?

昨日と今日と、私の脳内音楽(アタマの中でぐるぐるエンドレスにかかる曲)はシェリル・クロウの "Strong Enough" だった。

なので、もう観念して(笑)聴いてる。

はー。落ち着くー。

どんな曲かは、amazonで一部分だけ試聴できます。



ベスト盤の"The Very Best of Sheryl Crow" にも収録されているけれど、私はこのアルバムの順番で聴くほうが好き。

フライパン焼きコーンブレッド

以前、イングリッシュマフィンを作りたくてコーンフラワーを買った。
が、生地に入れたり、外にまぶしたりしても使うのは限られた量。
マフィンは好きだがそうそうマフィンばかり作るわけでもない。

コーンパンを作ったり(一斤あたり30g使用)して極力利用するようにしていたが、それだっていつも作るわけではない。
そうこうするうちに賞味期限が一月ほど過ぎてしまっていた。
「うーん、これは何か大量消費できるものを作りたい」
ということで、cookpadを検索。
家にいまある材料で作れるコーンブレッドを作ることに決定。

いつものように材料をHBに入れたら・・・
どろどろ。
そうだよねえ、いつもより水分量多いとは思っていたんだよ。
うーん、これは普通にへらとか泡だて器とか使ったほうがよかったかも。(^_^;)

十分に混ざったところで生地をクッキングシートを敷いたフライパンに流し込む。
今回はイーストでなく、ベーキングパウダーだったので、焼き時間に自信がなかったため、こころもち長めの時間焼いてみた。
フライパン焼きコーンブレッド
向かって右半分が最初にフライパン底になったほう。
ぽたぽた跡になっているのは、焼いている最中にフライパンのフタから蒸気が落ちてきたから。
味は、コーンの香りのする本当に素朴なもの。食感もぼそっとしている。
リピートするかといったら、たぶんしないであろう感じ。(^_^;)

でも、粉をムダにすることなく使い切れて満足です。

追記を表示

形あるもの いつかは壊れる その2

開店時に配布されるドリンクカードのスタンプを貯めて、手に入れた思い出の品、
旧ブログの記事「形あるもの いつかは壊れる」で「もう1個持ってるし」と書いた、そのもう1個のスタバのカップの底が欠けてしまいました。凹みガッカリです。
欠けたカップと欠片

この大きさと重みに慣れてしまってるんだよなあ。
ロゴカップ、買おうかな。

マヨ好きのためのカルボナーラ?

先日宣言していたとおり、マヨネーズベースのカルボナーラを作ってみた。
今回の材料たちです。
材料オールスターズ

『パスタの基本』によると
「マヨネーズは味も完成しているし、独特のまろやかさがある」
ので、パルメザンチーズとベーコンの脂を加えればカルボナーラソースのできあがり!ってことだったが、

2人分160gのスパゲティに対して、
マヨネーズ100gはどう考えても私にとっては多すぎです

卵黄2個、マヨネーズ100g、オリーブオイル100g
をアレンジして
卵黄2個、マヨネーズ50g弱(大さじ3)、オリーブオイル75gくらいに。

ええと、マヨネーズを作るときのような気分で、少しずつ油を入れながら泡だて器を使って自力で混ぜていたら、
乳化どころか・・・カタマリました。

分量を変えたせいだろうか。
あるいは、生クリームを泡立てすぎて分離させた前歴のある私なので、力技で混ぜすぎたのかもしれません。(-_-;)

落合氏の提言として
「火を止めても余熱でソースが固まるので手早く仕上げる」
と書いてあるのだが、

えっと・・・仕上げる前に固まってしまってるんですけど、そういう場合はどうしたら・・・。(^_^;

ええ、こういう場合はやっぱり力技で、スパゲティとぐるぐる混ぜ合わせて、なんとかそれらしく
マヨ&卵黄カルボ なってるでしょう?

味はまあまあ。
そうだなあ、例えて言うなら大衆的な味に仕上がりました。
マヨネーズを半分の量にしたけど、やはりマヨ風味。
キライじゃないけどとりたててマヨ好きでもないので、半量のマヨで作ったソースを半量だけつかったけど、ギリギリのラインでした。
これ以上マヨが入るとくどくなりそう。
というか食べ終わった後の口の中がマヨ味なんだよー。

あああ。余ったカタマリ(ソース)、どうしよう・・・。(-_-;
余ってしまったソース(固形)


追記を表示

炭焼きイタリアンの店でランチ

炭焼きイタリアンのお店でランチをいただきました。

イタリアンをベースに炭火焼を取り入れたニュースタイル、だそうで、
三陸で獲れた魚介類などを炭火焼するらしいのだが(おいしそー)、
昼なので、炭焼きでもなんでもないパスタのランチセットを(笑)
こういうイタリアンのお店のランチって「付け合せ」程度に盛られたサラダが出てくる場合がありますが、ここは普通盛り。
冷たいセロリのスープも作ってみたくなるよな味でした。
サラダとセロリの冷たいスープ ツナとトマトのクリームスパゲティ
パスタはツナとトマトのクリームソース
ソースがウマい。
ツナトマは自分でも作るけど、プラスクリームは作らないので参考になるわあ。
アイスコーヒーもうまかったです。

BGMが終始エリック・クラプトンでした。
店長さんが好きなのであろうか。
イタリアンにクラプトン。まあ、いっか。(^_^;

ランチを摂ったところは桜の名所のひとつである公園の近く。
花見もしてきました。
今は花びらが舞い散りところどころで葉桜。
公園の桜

花見のあとはウィンドウショッピング。
あるという噂は聞いていたが、場所を知らなかった中国茶のお店の場所を確認してきました。
るりんこさんにもらった凍頂がなくなったら、試してみようっと。
茶器もいろいろあって、かわいい聞香杯と茶杯のセットを発見。
外見は普通の唐草模様なのですが、底に、パンダが描かれているのです。

「裏パンダ」と心の中で勝手に名づけていたら、本当に値札にも「裏パンダ」と書いてあった。(^_^;)

うーん、いつか、セットでそろえて「功夫式」で淹れてみたいものだ。

そして最後にお茶しました。
公園近くの犬のいるカフェ。
看板犬、チワワかなあ?可愛いけれどちょっとうるさいカモ。
もうちょっと大人しい、ゴールデンレトリバーとかを希望。(^_^;)
季節柄桜のシフォンケーキにしてみました。
こちらは(先日のスタバのバーケーキと違って)私のイメージ通りの正体の無い、すぐぺしゃっとなる(決してけなしているわけではありません)シフォンケーキでした。
桜の葉や花?が入っていて春らしい一品。
桜シフォンケーキとアイスティー

しかし、このセット、820円は高いなあ。
ランチが840円だったことを考えるとなお更そう感じちゃいます。

夜桜

近所の桜ポイント、某所はまだでしたが、別のところはいい感じに咲いてました。
昨日のポイントより、少しだけだけど、南だから?(^_^;)

携帯しか持ってなかったんで、こんな画像で失礼。
(クリックするとサムネイルで少し大きめの画像がでます)
街灯でライトアップ?された桜

白神こだま酵母・全粒粉パン

白神こだま酵母を使ったパンを作ってみた。
箱に入っていたレシピに従うと1袋10gにつき、粉を500g使う。
我が家のHBの容量は一斤分(280g)
しかし、一回溶かした酵母は一日で使い切れと、レシピには書いてある。
普通に一斤分だと6g。
4g余るではないか。
明日は出かけるのでパン作りはしない。
うーむ。

ということで、1袋全部使ってHBに生地作りを頑張ってもらいました。(^_^;)
(よいこのみなさんは真似しないでね)

膨らんでケースに一杯になった生地。
容量オーバー・・・無理させてすまん。HBよ。


半分ずつ焼きました。
一方は丸くして、もう一方は伸ばした生地に胡麻をのせてぐるぐる巻いてカット。
白神こだま酵母パン

やさしい味わいです。
今回は砂糖の代わりにはちみつ入り。
胡麻が入っていないほうがより甘みを感じるのはナゼでしょう。

真実のミートソース

先日も紹介したパスタの基本」を参考にして、
昨日はハンバーグを利用したパスタ、
今日は生ソーセージを使用したパスタを作った。

この本によると、ミートソースは
「イタリアでは、肉料理の残りを再利用した料理、というイメージが強いようです」
とのこと。

出来合いのハンバーグを使うと、玉ねぎやスパイスが既に仕込まれているので、焼きほぐしてトマトソースでのばすと簡単に美味しいミートソースが出来るそう。

簡単。
素敵な言葉です。(笑)

ハンバーグが変身!ミートソース
ハンバーグでミートソースパスタ
アルチェネロの瓶詰めトマトソース・トスカーナ風と
前日の残りのハンバーグを刻んだものと少量の赤ワインと賞味期限当日(^_^;)のウィンナーソーセージとを混ぜて煮込んでみました。
パスタはマカロニを使用。

うまい。

冷たいミートソース
冷たいミートソース
生ソーセージは皮から中身を取り出して使用。
赤唐辛子、トマトソース、バターと煮詰めてから、長ネギのみじん切りとあわせる。
材料にはオクラもあったんだけど、オクラは苦手なんで(それ以前に家になかったし)入れませんでした。
ソースは冷やして、同じく冷やしたカッペリーニにかける。
(本ではソースの上にカッペリーニをのせ、その上からねぎを散らしてます。)

これまた、うまい。
しかし、この旨さは生ソーセージそのものの旨さに支えられているところが大きいな。(^_^;

次回は、マヨネーズで作るカルボナーラに挑戦しようと思います。
もう、ベーコンは購入済みです。(笑)

ティム・バートンのコープスブライド

某ネットレンタルサービスで、レンタル開始前から予約していて、
30日に届いて、3回、観た。

私はいわゆるミュージカル作品は苦手なのだけど、
(ビョークのダンサー・イン・ザ・ダークとか、往年の名作
 のええと、サウンド・オブ・ミュージックとか)
コレは平気です。
真夜中のヤジキタも意外と平気だった。

どこに許容範囲の線引きがあるんだろう。(謎)

グルミットといい、これといい、ストップモーションアニメ好き?(^_^;
面白さではあちらに軍配があがるけど、これも好きです。

ツッコミもいろいろ入れようと思うと入れられるんだけどね。
でも、ちょっとずつ動かしてコマ録りしていった労苦を考えると
相殺(そうさい)されてしまうよ。
すごい熱意だと思う。あと、根気。

思いっきりデフォルメされたあの造形、
手足がムダにひょろ長くて、顔も青ざめていて死人のよう(あ、ブライドは死んでますけど)でぎょろっとした目をしていて、怖いっていうか、正直可愛いとは思えないのに、
それが話が進むにつれて、慣れるというかだんだん愛嬌のある顔に感じられてくるから不思議。

追記を表示

今日は何分咲き?

天気が良かったので散歩してきました。
あったかい~。のどか~。

数日前にお隣の市では公園の桜が満開だとニュースになっていたのに、
桜並木 ここは、まだこんな感じ。

でも、もうすぐ咲きそうです。
桜アップ

Appendix

義援金・ボランティア関連

プロフィール

ゆま

Author:ゆま


食いしん坊なダイエッター。
リサーチ好きのスタバ好き。
座右の銘:人間万事塞翁が馬

*画像は、管理人代理くまです。

カレンダー(月別)

04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。