Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖っぷち

自分史上最大体重更新中です。

なんだか体の厚みが一回り増した気がする。
頬のラインが丸みを帯びてきたというか、
私と服の間にすき間が・・少ない・・ないっ。

もう崖っぷちって気分です。(←崖に打ち寄せる波をイメージ)

だからといってで紹介しているような安易なダイエットには走りたくないし。
(一度失敗しているからな。)

即結果が出ないと嫌になる性格が、地道なダイエットをするうえでネックになっているんだよなあ。
・・・とわかっているのだから、スイーツなんて買わなければいいんだ。

と言ってるソバから買ってしまったよ。
生チョコロール。

だって、誕生日が近かったんですもの。(泣くなよ)
スポンサーサイト

白神こだま酵母でバターロール

残り少なくなった白神ブレンドの粉。
そういえば、白神こだま酵母が残っていた。
せっかくだから、白神こだま酵母で白神ブレンドのパンっていいんじゃない?

ああ、もっと早く思いつけばよかった。

結局、道春と白神ブレンド、それにパン用の全粒粉入りになりました。
フライパン焼き(表)
相変わらずのフライパン焼き。

フライパン焼き(裏返し)

フライパン2個で計16個できました。

あ、形はこんなですが、材料はバターロールです。

今年初のテイスティングパーティ

に参加しました。

ザッハトルテ(1/4カット)をいただきながら、フードペアリングを体験。
ブレックファーストブレンドとカシシエロどちらがケーキとの相性がいいかを食べて飲んで比べる。

あれ、フロレンティーナだったかな。(-"-)
いや、カシシエロがチョコと相性がいいという話をしてブレックファーストブレンドと一緒にペアリングをして、その後で、フロレンティーナの酸味がアプリコットジャムと合うという説明があったんだった。(うろ覚え)

お次はドリンキングチョコレートの紹介。
今回の商品では2種類のフレーバーが楽しめるそうです。

実際に温めたミルクに砕いたチョコを溶かして、試飲。
参加者が二手に分かれて2種類のホットチョコを作成して、それをそれぞれに分けて試飲したのだが、
ダマにならないように丁寧に混ぜて(混ぜるの得意なんです)作ったものが回収されてしまい、自分は別の人が混ぜたのを渡されたのが、なんだか不満。(-"-)

お味は、自分が溶いたオレンジよりビターの方が好みでした。(^_^;)
何杯分入っているか分からないけど、1200円は高い。
ココアとホットチョコは別物らしいけど、家にある森永の純ココアで私は十分だわ。

帰りには、お土産としてエスプレッソローストとピーカンナッツチョコ(ミルク)を頂きました。
今回のおみやげ

追記を表示

ワサビエールもチョコレートスタウトも

今日のいいとも増刊号で全国の地ビールを紹介しているのを見ました。

その中で紹介されていた、ワサビエール。
飲んだことあります。
紹介をしていた方は第三位にあげていました。(確か)
ワサビエール

キレイな緑色です。
味は普通。
ワサビの香りと味がかすかにします。
以前、宮守のブロイハウスで飲んだときは、うまいっ!と思ったものだったが、去年買ったビン入りはさほどの感銘を受けず。
同じ遠野なら、「ズモナビール」の方が好きだな。
左:ワサビエール、右:ズモナビール、その他の遠野みやげ


第三位ですか。。。
まあ、好みは人それぞれですから。

あ、あと、去年からバレンタインを当て込んで?販売された別の地ビール会社の「チョコレートスタウト」というものがありまして、
去年気づいたときは売り切れだったけど、今年は偶然発売日に買うことができて、昨日飲みましたが。
チョコレートスタウト

これまた、普通。

炭酸の泡が細かくてクリーミーで喉越しがまろやかなところが受けているのでしょう。スッキリと言うよりはまったりした味わい。
で、これって、チョコレートが入っているわけではないのね。
匂いがカラメルっぽいというか焦がしたような、チョコレートともいえなくもないような感じで、後味も少しそれっぽい。

実は、ベアレンがうまいっ!という評価の人が私の周りには多いのだが、私にはそこまで絶賛するほどの味とは思えないのであります。

ええと、まあ、これも好き好きですからな。

ではどこがいいのだ?と聞かれると
私は普通の一番絞りがいいです。(おいっ。それは地ビールじゃないぞっ)

雪が降らない!

毎年クリスマスが過ぎた頃から本格的に雪が降り始め、雪が溶け消えずに積もるようになり、
明日の朝は雪かきをしなくてはいけないかと、びくびくしながら夜の天気予報をみる、というのが今の時季の日課のはずなのだが、

今年はすごく雪が少ない。

降っても連日降るということがないので、日陰が溶け残っているのをのぞけば雪はないといってもいいほど。

雪かきしなくていい!!\(^o^)/

実際今シーズン雪かきしたのは1度きり。

もう一度言おう。

雪かきしなくていい!!\(^o^)/
それに、寒さも厳しくなくていいっ!!\(^o^)/

もっと雪が積もる地域の方には「そのくらいの量でっ!!」と、ど突かれそうだけど、雪かきって本当に重労働なんですもの。

が、地球温暖化とか考えると単純に喜んでばかりいられないのも事実。

積雪量が少ないと、夏の水不足が懸念されることだし。

雪かきしなくていいのはうれしいけど、雪が降らないのは不安で気が揉めることであるなあ。

買うつもりじゃなかったけど

初回限定盤に付くというDVDに惹かれて結局買っちまいました。


'87年以降リリースされたアルバムはほぼ持っているし、ベスト盤2つ(1980-1990と1990-2000)も持ってるんだから、今更シングルが18曲入っていたってねえ。
それに数々のヒット曲の中からたった18曲だけなの?
という想いもあったのだが。

つくづく「限定」の二文字に弱い私でした。

チョコ系?フード3種類

バのフード3種類、食べました。

ビターベイクドチョコレートバー
ダブルモカスコーン
クッキー&クリームチーズケーキ

チョコレートバーと2%キャラマキ
美味しかったのはビターベイクドチョコレートバーですね。
濃厚チョコ好きなら気に入ると思います。

ダブルモカスコーンは、まあまあ。
チョコ好きだけに、チョコを練りこんだ生地にホワイトチョコのチャンク(かたまり)入りならさぞうまいのでは?と想像していたのだが、
普通のチョコチャンクスコーンの方がいいかも。

クッキー&クリームチーズケーキ
これといって特徴がない、可もなく不可もない味でした。
と、私は感じました。

この中でリピするならチョコレートバー、でしょうか。
ただ、この大きさでこの値段。
リピするかどうか、ためらわれるところであります。

白神ブレンドの食パンとアイリッシュシチュー

白神ブレンドで普通のパンを焼きました。
中はふわふわ柔らか、外はぱりっとしてます。
我が家は全員パンの耳好き派。
このあと先を争うようにして端っこを食べました。(笑)

厚切りのベーコンがあるときに作るアイリッシュシチュー。
ベーコン、小口切りした長ネギとジャガイモを油で炒めてから水とコンソメを入れて煮るだけのシンプルなシチューです。
見た目は冴えないけど、味はいいのです。
食パンとアイリッシュシチューほか

左上は焼いた油揚げと塩もみした大根を胡麻ドレで合えたもの。
右上はドライトマトとマッシュルームとバナメイえび入りのトマトソースのペンネ。

えーと、たいしたもの作ってないな。(^_^;)

追記を表示

判で押したように・・・のはずが

今年最初のデパ催は博多と長崎の物産展。

去年も行って、判で押したように同じ物を買ってきたと思っていたのだが、去年の画像をみて気が付いた。

はっ。えび天がないっ。

好物なのに、思い出しもしなかった。。(T_T)
見落としたのか、それとも今回はないのか、そもそも出店していないってこともありうるのか??

ああ、ぬかったわ。

まあ、いい。会期中にもいちど行ってみよう。
(いいカモな私である)

5年ぶり2度目の「生々流転」

横山大観の絵が好きな私。

東京国立近代美術館で特別公開中の横山大観の「生々流転」を観てきました。

40メートルの大作、「生々流転」を初めて見たのは、2002年3月。
国立博物館平成館で横山大観展が開かれたときのことでした。

会期終了間近の休日に行ったため、とても混んでいて、絵を観にいったか、人を観にいったか、というくらいの混雑ぶりで大変な思いをしたことが思い出されます。

そんな中、「生々流転」は、長い巻物を展示したケースの前列と後列がロープか何かで仕切られていて、ゆっくり観たい人は前列、歩きながらでもいいという人は後列に並ぶよう指示があり、そりゃもう、じっくり見たいので前列に並び、そのあと後列でさらっと通してみたように記憶しています。

今回は、大きな企画展というわけではなく、生々流転のほかは5点ほどの展示があるのみ。

そのせいか、人は少なめで、前列・後列に仕切られることも、人ごみにもまれることも無く、ゆっくりじっくり見ることができました。
生々流転in国立近代美術館

感想は、ボキャブラリーが貧困で、陳腐なことしかいえないので(^_^;)、眼福でした、とだけいっておきます。

アレルギーのせいで鼻をぐずぐず言わせながらの鑑賞でなければもっとよかったのに。とも思いました。
周りで鑑賞のかた、すいませんでした。m(__)m

追記を表示

ポリス再結成の噂あり

実現すれば21年ぶりだそうで・・・。

他のメンバー2人は乗り気であとはスティングがゴーサインを出せば決まり、だという噂。

本当だろうか。

昔、シンクロニシティを聴いてポリスを知り、日本にツアーにきたら絶対行こう!と固く心に誓っていた頃があった。

残念ながらその夢は実現せずに終わり、ソロ活動をしているスティングのコンサートには何度か足を運んだことがある。

けれど、私の興味の対象も時とともにそのウェイトが変化してしまっている。

本当だろうか。
再結成、ありえるのか。
万が一本当だとして、アルバム出して、ツアーをして、日本に来たとして、果たして今の私は行くだろうか・・・。

「なんで今更」感がぬぐえないわ。

十年一日のごとく ~Land of Confusion~

年末年始の特番の間に埋もれて、時々短くニュースが流れる。
その中に、なんともいたたまれない、そして痛ましい事件がある。
世界で。日本で。
それらを見ていて、ぽっかり思い浮かんだ言葉があった。

Land of Confusion(混迷の地)

フィル・コリンズがいた頃の、ジェネシスの曲のタイトル
その曲が発表されたのは、1986年。
20年も前のことだ。

そのころのプロモーションビデオをうっすら思い出す。
レーガンとゴルバチョフ(だったかな)
のマスクをかぶった2人がリングの上で殴り合いをしていた。

冷戦は終わった。
でも、新たな火種はあるし、それは今も絶えることがない。
身近な場所で。遠い世界で。

変わったようで何も変わっていない。
悲しいけれど、ここはまだ混迷の地なんだ。

追記を表示

お雑煮~雪の無い正月

いつもはリンゴとシリアル(か、HBパン)で簡単に済ます朝ごはん。
しかし元旦はさすがにお雑煮です。
お雑煮とそのほかのおかず

大晦日に親戚が来て、しゃぶしゃぶ、年越しソバ、寿司(これは親戚持参)などという腹の容量に対して過分なメニューだったので、すっかり腹たぷたぷです。

それだけでもまっしぐらなのに
加えて、年末、自室の天井から床まで掃除機をかけた結果、アレルギー症状悪化。
ひきこもりな生活でますますです。


珍しく積雪の無い年越しでした。
近所の神社へいく道も、いつもは雪をかきわけるような気分なのだが、今回はそれもなし。
温暖化を懸念しつつも、雪かきは重労働。雪が少ないのは有難いことです。
まあ、いつまでもこのままじゃないだろうけど・・・ね。(^_^;)

追記を表示

Appendix

義援金・ボランティア関連

プロフィール

ゆま

Author:ゆま


食いしん坊なダイエッター。
リサーチ好きのスタバ好き。
座右の銘:人間万事塞翁が馬

*画像は、管理人代理くまです。

カレンダー(月別)

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。