Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://monotame.blog61.fc2.com/tb.php/194-2c9a10bc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

5年ぶり2度目の「生々流転」

横山大観の絵が好きな私。

東京国立近代美術館で特別公開中の横山大観の「生々流転」を観てきました。

40メートルの大作、「生々流転」を初めて見たのは、2002年3月。
国立博物館平成館で横山大観展が開かれたときのことでした。

会期終了間近の休日に行ったため、とても混んでいて、絵を観にいったか、人を観にいったか、というくらいの混雑ぶりで大変な思いをしたことが思い出されます。

そんな中、「生々流転」は、長い巻物を展示したケースの前列と後列がロープか何かで仕切られていて、ゆっくり観たい人は前列、歩きながらでもいいという人は後列に並ぶよう指示があり、そりゃもう、じっくり見たいので前列に並び、そのあと後列でさらっと通してみたように記憶しています。

今回は、大きな企画展というわけではなく、生々流転のほかは5点ほどの展示があるのみ。

そのせいか、人は少なめで、前列・後列に仕切られることも、人ごみにもまれることも無く、ゆっくりじっくり見ることができました。
生々流転in国立近代美術館

感想は、ボキャブラリーが貧困で、陳腐なことしかいえないので(^_^;)、眼福でした、とだけいっておきます。

アレルギーのせいで鼻をぐずぐず言わせながらの鑑賞でなければもっとよかったのに。とも思いました。
周りで鑑賞のかた、すいませんでした。m(__)m
ええと、今回の旅は、翌日が東京出張だったので、前日=祝日なのを幸いと前日から東京へ行くことにしたものです。

いくら好きでも、これ単品(という言い方をしていいのだろうか)で、東京へ来るような経済的余裕はございません。(^_^;)

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://monotame.blog61.fc2.com/tb.php/194-2c9a10bc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

義援金・ボランティア関連

プロフィール

ゆま

Author:ゆま


食いしん坊なダイエッター。
リサーチ好きのスタバ好き。
座右の銘:人間万事塞翁が馬

*画像は、管理人代理くまです。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。