Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっと参加(チョコだけに)

被災地にバレンタインにチョコを!という企画が結構あるようですね。

私は、バニラビーンズさんの企画に(ほんの少しですが)、参加しました。
ここのチョコは美味しいので、1個でも多く、被災地の皆さんに味わってもらえるといいなって思います。

★バレンタインに東北へ愛を届けよう!「ショコラ・カレ」★

2月7日09:59までです。
って明日までか。もっと早くアップするんだった。(^_^;)

自分で自分の左手(腕も)を褒めてあげたい

約4週間のギプスのあと、シーネ(シャーレ?)固定をして2週間、まだ骨が一部くっついていないところがあるといわれ、完全に外すことはできていないけれど、並行してリハビリ(電気とマッサージ)もはじめました。

腕をまっすぐ伸ばせるようになることと、肩に指の先がつくようになることが目標です。

少しずつ、本当に少しずつだけど、可動域が増えてきてるように感じます。

先週金曜日、初めて両手で顔が洗えました。

そんなことって言われそうだけど、それまではどうしても指先しか顔につかなかったので、手のひら全体が顔についたときにはうれしかった。

右手はお荷物のように何もできなかったから。
ホチキス1つ留めるのも響くし、レバーをひねることも、洗顔料のポンプを押すことも痛くてできなかった。
まだひねる動作は苦手だけど、それでも痛みはぐっと減りました。

それにしても、本当に少しずつしか回復できないんだねえ。(嘆息)
でも、できることが少しずつ増えていくのはうれしいです。
まるで子供が成長するのを見るかのよう??

左手がすごく頑張っています。
字はさすがに書けないけれど、箸の扱いも上手くなりました。

雪かきも主に左手と脚で(^_^;)なんとか凌いでいます。右手は添える程度。
今シーズンは、1年前の年末年始のような大雪が降っていないからまだ何とかなっているんだけど。
でも、今は固定しているから右手を添えることができるんだと思う。
外したら、とてもできないんじゃないかな。

外していいといわれる日が待ち遠しくもあり、不安でもある今日この頃です。

でも、バカにできない

首都圏の路面凍結、転倒続出のニュースをみていて、無謀だ・・・と思った。
フツーの靴で歩けばそりゃ転ぶよ。
雪道をフツーのタイヤで運転しようと思うなんて、考えられない。

雪道に慣れていても、滑り止めアリのブーツ履いていても、転ぶときは転ぶのだ。
そして・・・うわーん。(思い出し泣き)

とうこつとう骨折

先週、自宅から程近い雪道で滑って転んで、ひじを骨折した。

尻もちついて、手首に近い手のひらを突いたら、すごく痛くてすぐに起きられなかった。
しかし、座ったままでは、雪がとけてきて服が濡れると思って、どうにか起き上がり、帰宅。

腫れてくるかと思ったけど、手は腫れず、代わりにひじが痛くなり、曲がらないしまっすぐに伸ばせなくなった。
これはさすがにいかんと思い翌日病院へ。

触診で「とうこつとうこっせつじゃないかな」と言われ、レントゲンを撮ったら、確かに骨折していました。

最悪ヒビ入ったくらいだろうと思っていたので、「骨折」の言葉に大ショック。凹み

「とうこつとう」骨折、何度聞いても「とう」の字が思い浮かばなかった。
こつは骨、とうは頭だろうと想像がついたが、最初の「とう」が聞き間違いかと思うくらいピンと来ない。

先生が「右橈骨頭骨折」と紙に書いてくれて、ようやく字が分かった次第です。

利き手の腕をガッチリギブスで固定され、箸を持ってもごはんが口まで届きません。
俄か左利きになって、左手で歯を磨き、左手でご飯を食べる毎日です。

はああ、それにしても、ちょっと転んだだけでこんなことになるとは。(嘆息)

気が緩んだのか風邪をひく

三度落選してがっかり気落ちしたけれど、最後の頼みの綱(○あ)の先行予約でチケットが取れて、万歳するほどうれしく、安心したのか油断したのか、風邪を引きました。(-"-)

今回の風邪はノエル風邪とでも名づけますか。

Appendix

義援金・ボランティア関連

プロフィール

ゆま

Author:ゆま


食いしん坊なダイエッター。
リサーチ好きのスタバ好き。
座右の銘:人間万事塞翁が馬

*画像は、管理人代理くまです。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。